偽札

偽札の種類

日本ではそんなにお目にかかることのない偽札ですが、未だに中国では偽札が横行しています。偽札とはどうやって見極めればいいのでしょうか?偽札の種類について、まずは考えていきたいと思います。

 


紙にはすかしという技術が使われます。印刷技術の発展で日本円の場合海外などで大規模な偽造が行われているようです。インクにも種類があり、磁気インク、特殊発光インク、パールインクなど最先端の技術が偽札には駆使されています。本物にはもちろん偽造を防ぐためのさまざまな処理がされていますがいたちごっこが現状です。印刷方法は特に重要、超細密画線、ホログラムやマイクロ文字など数種類の印刷技術を併用することでより見分けることがむつかしい偽札ができているといっても過言ではありません。

 


こうした偽札の製造はなぜなくならないのでしょうか?やはり作ることに成功した場合多額の富が手に入るからではないでしょうか。よって偽札の製造は巧妙を極め、厳しい取締や刑罰があるにもかかわらず犯罪があとをたちません。私たちも日本では安心しきって日本円を使っていますが、中国など海外を旅する際には偽札をあやまって入手しないよう気をつけていかなければなりません。本人に悪気がなくてもレストランのお釣りなどで、掴まされることもあるようです。故意にではないため本当に危険です。

 


それに遊びであっても偽札作ることは犯罪です。印刷機器は進化してカラー印刷はとても鮮明になり3Dまで印刷できる時代です。だからといって偽札はけっして作ってはいけません。処罰されると肝に銘じておいてください。アメリカでも偽札の事件が後を立たず、スーパーノートやスーパーKなどさまざまな種類があり、時代とともに巧妙になってきています。

 

2000年以降のスーパーMやX、Z、αなど進化が凄まじく取締も強化されています。私たちは偽札の存在を認識することでその脅威から自身の資産守っていかねばなりません。

★管理人が自信を持っておすすめするサイト★
http://www.cictp.org/・・・有名金融機関のオリックス銀行カードローンについて詳しく解説しているサイトです。


【即日融資まとめ】大阪おばちゃんの即日キ ャッシング体験談あり・・・大阪のおばちゃんがカードローンをわかりやすく解説している面白サイトです。

↑ PAGE TOP